<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< ドライバーがどういう人かの確認などは事業者がしっかりやるべきだと考えている。 | main | 雇用は後ずさりし始めたのかそれとも新領域に入ったのか。 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    投信は保有期間中に毎日、信託報酬というコストが差し引かれる。

    0

      個人型DCは現在、企業年金のない会社の会社員と自営業者の計約4100万人が対象。
      法改正で来年から公務員や主婦、企業年金のある会社の会社員など約2600万人が加入できる。
      最大の利点は掛け金全額が所得税・住民税の対象から除外される 所得控除。
      例えば会社員の上限である27万6000円を拠出すると、課税所得500万円の人なら年8万2800円の節税だ。
      運用期間中は運用益に課税されないし、原則60歳からの受給時も税優遇が受けられるが制度がほとんど知られておらず、加入者は今年3月末で26万人と加入資格のある人のわずか0.6%だ。
      しかし法改正を機に制度の周知が高まれば普及が加速しそうだ。
      個人型DCは自分で金融機関を選んで申し込むため、どこを選ぶかで資産形成に大きな差がつく。
      カギは運営管理手数料と投信の品ぞろえだ。
      まず管理手数料をチェックしよう。
      個人型DCを扱う金融機関のうち、手数料が現時点で最も低いのはスルガ銀行とSBI証券で、いずれも年2004円ですむ。
      しかしNPO法人、確定拠出年金 教育協会の調査によると、6000〜7000円台が全体の8割弱を占めている。
      個人型DCの掛け金は年6万円から。
      所得が低く、税率が15%の人が6万円を拠出したときの節税額は年9000円になる。
      手数料が7000円台の金融機関を選べば大半が吹き飛ぶ計算だ。
      個人型DCは少額投資非課税制度と違って預貯金も対象。
      リスクを避け、預貯金で節税効果を得ることもできる。
      この場合は管理手数料が低いSBI証券とスルガ銀行が選択肢となる。
      一方、投信を使って老後資金を増やしたい場合は、投信の品ぞろえが重要になる。
      投信は保有期間中に毎日、信託報酬というコストが差し引かれる。
      【お勧め情報】
      ◆いびき防止枕|いびき対策専用まくらの人気お勧めランキング♪
      http://www.xn--n8js7ip25q4dm531a.com/
      今回は、日本人に合わせて作られた「いびき防止枕」…
      是非皆さんにお勧めしたい、いびき対策枕のお勧めまくらをご紹介したいと思います。
      傍にいる人にとっては大迷惑…なのが…いびき!!
      いびきがうるさくて眠れない……

      fy1m6h6r * やれるところ * 11:13 * comments(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 11:13 * - * -

        コメント

        コメントする









        このページの先頭へ